遊びは真剣に!

キューバンを含むサルサの場合、どの程度真剣にやるべきなのだろうか?
もちろん、趣味と言うか遊びの範囲が前提。プロになるなら話は別として、遊びでやるのがほとんどだと思う。

でも遊び/趣味でやるなら真剣にやらないと面白くないはずだ。他のジャンルで趣味を考えてみよう。
釣り、ゴルフ、スノボ、パチンコでもいい。
a0014306_23020100.jpg

好きな人はどれもある程度真剣にやっているのではないだろうか。時々気が向いたら行ってみるかという人は意外と少ないに違いない。「次はいつ行こうか」とか「くっそ〜、なんで上手く行かないのか?」なんていろいろ考えながら仕事や勉強のとき以上に真剣なまなざしで取り組んでいるはず。
a0014306_230597.jpg


釣りやゴルフで「まぁ、どっちかというと飲みが主目的」なんて言う人はまずいないだろう。カッコつけて言う人はいるかもしれないが。
サルサの場合クラブで踊る事が多いのでお酒はつきものだし、踊りは飲みながらで良いと思う。
だが、飲んでおしゃべりしている間に時々踊るというのはサルサが趣味/遊びと思っている人には間違ったスタイルだと思う。そういう人は「サルサが好きなんです」と言うわけではなく「飲みに来たが、サルサを踊る事も出来ますよ」というだけだ。
基本的には飲みながら断続的に踊ると言うのが普通だと思う。

ちなみにキューバでは事情が違う。踊りは生活の一部であり、趣味ではないからだ。遊びでやる場合はある。彼らも、その場合(遊びで踊る場合)は相当真剣にやっている。口論しながらとか。(笑)
[PR]

by lavida | 2013-02-24 23:02 | ダイアリー