ディレケノ、クロスボディリードの基本その1

サルサは自由なダンスなのであまり厳格に型にはめる必要は無いのだが、意識すると格段に上手く行くコツもある。これを初中級の人が自分の力だけで探し出すには時間とセンスが必要。
まずは、だまされたと思って実行してみると良いと思います。(正しい理解が大前提)
ディレケノ(クロスボディリード(CBL))が適当な人があまりにも多いです。
簡単な技ならそれでも良いんだけど複雑化した混合ワザや、特にルエダでは結構致命的な事もあります。
a0014306_1194925.png

男性が白で女性が赤です。三角の頂点が前を向いてる方向だと思って下さい。
コツというか原則は簡単。横切る(クロスする)時は、女性は男性に対して直角!これだけです。
真ん中の絵がそれです。
おそらくNY,LA(左側),Cuban(右側)みんな同じはずです。ただ横切る前と後の処理が違う。
この絵は横切る前を表しています。

もし、ディレケノ(CBL)時に意識しないでやっているとしたら、是非自分自身でチェックして、実行してみて下さい。次のワザへの接続が楽な体勢になっているはずです。
[PR]

by lavida | 2013-03-09 11:14 | TIPS