初めてのキューバ(ハバナ)


正直、ハバナについては1泊ぐらいしかしてないので、ほとんど印象にない。
泊まったホテルはプリモだった。そうそう、ホテルに到着後、荷物を部屋に置いて1Fロビーでくつろいでいると、ダミ声のおっさんが現れて声をかけてきた。「ノミーを知っているか。ノミーは来ているか?」と聞いてくるので、同行していた納見さん(東京キューバンボーイズ等で活躍されている)を探す。いないので、「いません」と伝えに降りていくと、一緒に行った友人から「このおじいさんページョだよ。モサンビケというリズムを発明した人だよ!!!スゴイよ!!」みたいなことをわめき散らしているのだが、なんせ初心者の僕には何のことだかわからず「とりあえず一緒に街に納見さん探しに行こ。」と言い、一緒に行動することに。途中の楽器屋さんでクラベスとかギロとかお土産に欲しいと思ってみていたら「これがいいぞ。」とギロを選んでくれたのそれを購入。彼の名はPello el Afrokánやはり後からスゴイ人だとわかり、そのギロは僕の宝物となった。サインもらっておけば良かった。彼はもうこの世にはいない。キューバ人でモサンビケを知らない人はいない。
モザンビケとはこういうリズム。コンパルサ(カーニバル)にも良く使われる。


[PR]

by lavida | 2015-07-02 07:21 | ダイアリー