11/2(月)ついにLa Tropi Azabuで毎週月曜日レギュラークラス開始です!

TIMBA CLUBなどイベントをやるたびに「東京ではどこでレッスンやってますか?」と聞かれてましたが、この度、ついに六本木のLa Tropi Azabuにてレギュラークラスを開講することとなりました。是非よろしくお願いします!!

日時:毎週月曜日

19:30-20:00 (無料)
初級〜上級向け基礎

20:00-21:00(2,000円/1ドリンク付き)
中上級向け(初級も可)

従来よくあるサルサのクラスとは違って、もっと基本を掘り下げ、体の仕組みに基づいたわかりやすく、リードやフォローに対する動きが身につくような、今までにないレッスンにしたいと思います。

初中級はもちろん特に上級の方に必要な事は手順やステップ軌道の習得ではなくサルサやティンバなどダンス自体の上達です。たとえば、テンションをはじめとしたコミュニケーション能力です。もしあなたが女性で知ってるワザしか受けられない、男性でワザを知ってる女性にしかかけられないとしたら、それは本当にかわいそうなことです。基本ができていれば男性はどんな複雑な手順もきっちり相手に伝わります。女性は知らない手順もきっちり受けることができます。そして何より楽しく踊れます!
つまりレッスンは手順の習得ではなくダンス自体が上達しなければ意味がありません。さらに一歩踏み込んだリードの伝え方、受止め方、バランスや筋肉の使い方などもっと楽しむためのレッスンを提供します。さらに原点に帰ってリズムの取り方(解釈の仕方)や音の捕まえ方など、普通のレッスンではなかなかやらない内容も盛り込んでいきたいと思います。

書道教室では難しい漢字を習うのではなく、綺麗にバランス良く描く訓練をしますよね。文字を構造的に見た場合どこに気をつけるか、力の入れ具合や、止め、ハネ、払いを、いろんなお題で練習するわけです。薔薇という字が汚い字で書けるよりも普段使う文字を綺麗にかけたほうが良いですよね。綺麗に描きにくい字、バランスが取りにくい字をきちんと練習するほうが意味があるのです。それはどんな文字でも綺麗に書けるようになります。もちろん薔薇という字も覚えれば同じように綺麗に書けるようになります。
英会話教室でも難しい単語ではなくビジネスや日常など目的に応じた会話のやり取りの訓練を、話し方教室でもかっこいい返事のバリエーションではなく相手の会話を捉えて話が膨らむ返し方を、習うはずです。

ペアダンスも全く同じだと考えています。複雑な手順を習って薔薇という字を汚い字で書くよりも、他人が見て読みやすい!美しいと思われるように。普段使う文字ならなんでも同じように綺麗に書ける基礎を身につけるべきです。ダンスで言えばきちんと基礎をも庵につけてちょっと複雑な手順にもきちんと応用できるか?これができていない場合、簡単な手順でも実はできていないのです。まずはこれを認識して矯正していくところからスタートです。

お分りいただけましたでしょうか。複雑な手順をいくら習っても、ステップの軌道バリエーションをいくら習ってもキリがないのです。1回のレッスンでやれることは限られると思いますが、極力いろんなことをやりたいと思います。他では習えない「シゲさん以外やる人がいない」といわれる面白ワザもたくさんやりたいと思います。
また、矛盾するようですが説明を極力排除して、自然に自分が気づくようなアプローチを取りたいと思います。楽しく笑いながら体を動かしているうちに自然に身についたり、新たに気づいてもらえるようにできたら最高だと思っています。受ける側もすべて提供されるのではなく自分で気づくことが重要だと思ってください。自分で気づいたことは本当に自分の財産になります。

レッスン終了後は、極上のキューバ音楽を新旧問わず提供します。プチイベントくらいの内容にするつもりですのでレッスン終了後に来ても楽しめる場所にしたいと思います。レッスンに間に合わない場合でも、是非遊びに来てください。
a0014306_23594058.jpg
a0014306_00570394.jpg


Professor Shige:
千葉を中心にキューバンダンスクラスを展開。キューバ最大のキャバレートロピカーナにてオルランドなどキューバ人ダンサー4人とともに大トリで出演、国内外有名バンドとの共演も多数。詳細プロフィールはこちら。

[PR]

by lavida | 2015-10-28 00:16 | サルサクラス