ヘッドホンを交換(BOSE QC15からQC25へ)

長年愛用していた、ボーズのノイズキャンセリング機能付きヘッドホン。たぶん7,8年くらい使ってる。
3万5千円くらいだったと思う。清水の舞台から飛び降りるつもりで意を決して買ったのだった。
初めてノイズキャンセリングのスイッチを入れた時には、びっくりした。まるで、ダイビングで海深く潜った時のような無音の世界。気圧が変化したような錯覚に!
地下鉄の中やガード下など会話が困難な騒音下でも抑えたボリュームで静かな曲を聴くことができる。この点においてボーズの技術力はすごい。

ここ数年は耳のカバーがボロボロになった時にはそこだけ買い換えたり、コードが断線した時も部品をビックカメラで取り寄せたりして交換した。
頭頂部のヘッドバンドが破れてきて、中のスポンジが飛び出してきたので、さすがに自分では無理と思い、秋葉原のボーズショップに修理依頼をしようと持って行った。
修理金額によっては買い換えも選択肢にいれてあった。後継機種に買い換えた場合、32,400円。機能は大幅にアップしていてスマホ対応に。現行機種は電池が切れると使えなくなるのだが、この点も改良されて電池がなくても普通のヘッドホンとして使用可能となっている。
機能的にはまだまだ使えるが、もう十分に元は取ったので買い換えても良いかなとという感じ。

ボーズショップに行って修理依頼を相談すると・・・。
結局、修理という名目で、17,000円の修理費用で後継機種の新品と交換することに!(現行機種含め、インナーイヤータイプなどいくつか選択可能だった。)
え?32,400円が17,000円でいいってこと?半額みたいな値段で。
なにこれ!!!BOSEユーザで良かった!他メーカでこんなサービス聞いたことない。

まさに”神対応”。

今のユーザに対するメリットって会社に対する信頼感につながると思う。(スマホによくある他社乗り換えではなく)
修理扱いなので、故障品を工場に送ってもらって、あとから家に送付されてきた。(送料も代引き手数料もなし!)
早速使ってみると、ノイズキャンセリングは前よりもさらに強力に!
コードも絡まりにくくなっている。
これからもボーズ製品使います!!
これを読んでる方も手持ちのボーズ製品があれば修理依頼をおすすめする。いろんな選択肢を出してくれる。
a0014306_11191587.jpg

[PR]

# by lavida | 2017-07-19 20:55 | ダイアリー