たたいておどろんぱ2!イベントコンセプトについて

前回開催時にアップしていた、イベントのコンセプトなるものをご紹介します。メインのコンセプトはチラシやイベントページの解説通りなのですが、若干というか、いろんな思いや考えをもとに補足しています。
これを読んでいただけると100倍楽しくなるのではないかと思います。まずは第一弾はこれです!日付は前回のものですので間違えないように。今回は2/11(水/祝日)です。
補足その1→http://lavida.exblog.jp/20255939/
[PR]

by lavida | 2015-01-31 12:01

アメリカとキューバの国交正常化

ついにアメリカがキューバと国交正常化!

時間の問題とは思っていたけど、もっと徐々にいくものかと思ってた。
もちろん良いことに決まってるけど、ハバナやサンティアゴにマクドナルドとかやだな。アメリカ人の観光客が大挙してうろつくのも、ちょっと複雑な気持ち。
あ、コカコーラは必要。君のコーラっていうコーラはホントに美味しくない。w

そもそも何で?こんな事になってるのかわからない人は、これがオススメ。
分かりやすくまとまってます。なかなか公正中立。

そして…
そんなキューバ色いっぱいのイベントが明日六本木サルサスダーダであります!
Club Cuba ★ Shige y DJ Fukuda

@Salsa Sudada (03-6447-1249)
2014年12月19日(金)
19:30- ¥1500 w1d

19:30-20:30 Lesson 「TIMBA」 BY SHIGE
20:30-22:00 DJ Time BY DJ FUKUDA & SHIGE
22:00-Performance BY LAS BACABONS
22:15-24:00 DJ Time BY DJ FUKUDA & SHIGE

8月大好評だったClub Cuba ★ Shige y DJ Fukuda.。
第2回目の開催!

大好評「TIMBA」のフリーダンスレッスンとラスバカボンズのダンスパフォーマンスがあります!

19:30からレッスンスタートです
遅れないようにご参加ください。
[PR]

by lavida | 2014-12-18 09:07

今週の船橋イベント景品!

a0014306_1873834.jpg

a0014306_1873986.jpg

アナのポーチ、ミッキーのトートバッグ、色えんぴつセット、シュミテクトwその他いろいろ用意しました!
今回、結構豪華でしょ。^_^
是非ゲットして下さい!
無料ですよー(*^^*)
[PR]

by lavida | 2014-12-15 18:03

12/18(金)船橋サルサナイトです!パフォあり。

ということで、今週はイベントウィークです!
木曜船橋、金曜六本木。
来週木曜日はクリスマスなので今週木曜日18日に船橋サルサナイトやります!
今年最後の船橋イベントは盛りだくさん。外房サルサでも大好評だった、パフォーマンスをやります。ちなみに恵子ちゃんはもうすぐドイツに引越しでおそらく最後のパフォとなります。是非ともお見逃しなく。また不肖私めのパフォも中々珍しいので良かったら見に来てやってください。
いつものルエダゲームもあります。前回の景品がしょぼいという内部の指摘もあり、今回はちょっと豪華にしてあります。あとで写メアップしますね。
もちろん好評を頂いてるワンコインレッスンも8:15から500円でやってます。参加メンバー見て判断してるので結構レベル高めになってます。これも珍しワザ満載でやってます。
是非是非いらしてください!お待ちしております。^_^
[PR]

by lavida | 2014-12-14 20:56

ちはやふる

a0014306_859757.jpg

知ってる人には今さらかも知れないが、生徒さんの間で回し読みされている「ちはやふる」を読ませてもらいました。面白い!少女マンガ?なのだが、個人的にはスラムダンクやヒカルの碁、テレプシコーラにも通じる奥深さ、切なさ。ちなみに競技カルタの話です。
まだ4巻だけど。
と思っていたら全然関係ない所からこんなお菓子をいただきました!タイムリー!!
わかりやすい百人一首の解説もついてました!結構切ない歌も多いね。
[PR]

by lavida | 2014-12-09 08:48

8月の船橋クラスはスペシャルコンテンツ!第3弾はルエダスペシャルパート1

先週の六本木スダーダイベント盛り上がりましたね!おかげさまで選曲、レッスンとも大好評でした。参加頂いた方々、ありがとうごさいました。

明日も船橋スカイバーにて、レッスン&ミニイベントです。8月はスペシャルコンテンツ満載でお送りします。
明日第3弾はルエダスペシャルパート1です。初心者はもちろん、ルエダできるという人も一旦基本を見直してみましょう。男性は難しいワザに対応できなかったり次に間に合わなかったりしませんか?
女性はスタイリングやムーブメントをつけるくらい余裕がありますか?
ルエダスペシャルパート1は回り込みや移動と遊びムーブメントに重点をおいてやります。
このスキルはルエダ以外でも男女問わず普段の踊りがものすごく楽しくなります!また相手の向きが変わるのでオン1やLAの人には最もハードルが高い部分。これをマスターすればクバーノに限らずラティーノ、ラティーナと踊っても十分楽しめまるようになります!
来週のルエダスペシャルパート2はちょっと複雑なワザを考えてます。

無料基礎クラスは8時から、中級クラスは8時半過ぎから1000円/回です。
9時半すぎからのフリータイムももちろんお待ちしてます!今週来週はルエダ多めになるかな~。
(*^o^*)
[PR]

by lavida | 2014-08-20 12:00

8月船橋クラス&イベント スペシャルコンテンツ1週目!

今月の船橋スカイバークラスはスペシャル企画でお送りします。

8/7(木)レゲトン、サルサトン、Latin HIPHOPスペシャル

➡そこそこのムーブメントでもカッコ良く見えるセオリー(笑)、ペアダンスへの応用など
➡レゲトンはダンスホールレゲエ的なラテンミュージックです
➡サルサトンはサルサ的な踊りが可能なレゲトン。サルサにレゲトンのムーブメントや遊びを混ぜて踊りましょう

まぁ、こんくらい👇は、ほぼ完コピで行ってみましょうか!w
初級でもそれなりに出来ますよ〜。お楽しみに!!


[PR]

by lavida | 2014-08-05 06:54

身につける事の優先度について(2)

もう一点、上手い(と思える)人に教わるにも注意が必要だ。
基礎的なステップやリズムが取れていない人に対して、複雑なムーブメントやスタイリングを(知ってる限り)得意になって教えてしまう場合も。
身にならないだけなら良いが、体の動きに変な癖(動いてはいけない時に動いてしまう)がついたり、誤解したスタイリングで危険な手振りになったりと悪影響もある。
ベーシックを教えるだけでも、先生をやってる人は(おそらく)、リズムが取れていないのはカウント1がとれていないのか3がとれていないのか?そもそもカウント3が2拍分待つ事を理解していないのか?体重移動が出来ていないのか?それはかかとに重心があるからなのかセンターに残ってしまっているのか?片足が空中でリズムを取ろうとして不安定になってるのか?など分析した上で各々指導している(はず)。ただ、「もっとこんな感じ!」と「123〜123〜」とやっても初心者には絶対わからないし出来るようにならない。
基本的には教えたい人は3通り。
1.あまり踊れないので初心者を捕まえて優越感を得たい人。(実はこれが一番多く、危険。嘘を教えられる可能性大)
2.リードが不十分で女のコに動いてもらわないと今イチ踊れない人。
3.もしくはそこそこ踊れるので、私はこんな事も出来るんだよとやはり優越感を得たい人。
教えたい人にあったらよく見極めた方が良い。
本当に上手い人はステップ的な事は説明無しでリードですべて教えられる。
ムーブメント系は説明が必要だが、原理原則を教えてあとは真似っこを遊びの中で身に付けるのが良いだろう。
いっしょにムーブメントで遊んでくれる先輩上級者は貴重だ。

先生の話に戻るが、口で説明しても本人には伝わらない。ステップ練習やリードで教えないと本人にはやった事のない筋肉の動きなので頭で理解しても体をどう使うかわからないのだ。キューバ人だろうが日本人だろうがそういった点を出来れば説明でなく、体の動かし方やステップ遊びのなかで教える先生が良いだろう。このような理由で口の説明が長い先生も要注意かも知れない。「ワァこの先生スゴい!」とは素晴らしい理論の説明をクラスでやる先生ではなく、簡単な練習で自分の体が踊れるようにしてくれる先生に対して思った方が良い。

[PR]

by lavida | 2014-06-30 19:01

シャビ

たまにはワールドカップ時事ネタを。スペイン敗退らしいので、急いでUP!シャビの空間認識がすご過ぎる件。スペインの司令塔だ。
あのメッシが「シャビにしか見えないパスのルートが存在している」というほどでスペインチームが出すパスの1/3は彼を経由すると言われる。身長たったの
NHKで彼に協力してもらい、いくつか実験をやっていた。
驚きなのは空間認識力だ。試合中の画像を一瞬見せてすぐに消す。消した後に、上から見たサッカーコートの枠図に、ボール敵味方がどこにいたか?を記入する。という実験では、一般的な選手で5〜6人の位置を把握できている。但しちょっと遠い人の位置は曖昧。これに対しシャビは正確に16人の位置を記入。キーパーをのぞくと残り敵味方20人のうちの16人。しかも上から俯瞰した状態で把握できている。

何が言いたいかというと、サルサも同じ。特に男性。混んでる場所でぶつからないで踊ってる人は自分とペアの相手と回りの人が上から見た状態で把握できてます。外国人はぶつかっても気にしないとかいうけど、きちんと上手な外国人はちゃんとぶつからないで踊ってる。
そこまでいかなくとも、自分とペアの相手の位置関係は上から見た状態で把握してみるといろんな事が分かると思う。俯瞰した位置関係でなくステップの方向だけではシャイン・スエルタは良くてもペアの複雑なワザやルエダは厳しい。
[PR]

by lavida | 2014-06-19 08:37

多様性について

イベントでは、基本的にリクエストオッケーにしている。もちろんキューバ以外も用意してる。
キューバ系含めいろんなスタイルが一緒に踊ってるのは見てて楽しい光景だ。
かつての六本木はもっと多様性にあふれていた。中南米各国の踊り方の違いを興味深く観察した。18年前くらい。w
中南米でもソシアルやアメリカ帰りの先生に習った先生は結局、自国のサルサでなく普通のLA, NY系にちょっと工夫しただけの物になってしまう。
先週のコルトレーンでは前日にコスタリカから来たばかりの女の子が来てくれて、現地の空気感たっぷりだったので、なんとなくそんな事を思った。
ちなみにかつての六本木では、コロンビアなどバジェナートやクンビアはオン3なので彼等は独特な3タメサルサを踊っていた。またNYを経由しないプエルトリカンのサルサは妙にキューバ系との共通点があると思った。ブラジルのダンサーのサルサは本当にキューバ系との共通点が多かった。技が遊びまくりだった。ブラジルは地域差が大きい気もするが。
現地の民族音楽・舞踏や国民性を反映すると感じた。
キューバも一人の先生やスタイル、地方、学校などだけで、原理主義に陥らないように注意する必要がある。フォーマット化されていない多様性のミックスがキューバンの真骨頂だと思う。
[PR]

by lavida | 2014-04-07 13:52