カテゴリ:ダイアリー( 66 )

リズム感の磨き方

サルサを踊るにあたってリズム感がキビシいとはどういう事か?
簡単に言うと(1)カウント自体が取れない、(2)1x8毎にずれる、(3)1x8の中でずれる(カウントの1は合ってるが2や3でずれる場合)などがあります。

基本的に楽器を演奏できる人にはリズム感がキビシい人が少ない(皆無ではない)ので、非演奏者と言う前提にします。

(1)や(2)の場合、簡単に言うと音を聞いていないということですが、もう少し詳しく分析します。全く音を聞いてないわけではないのですが、BGMのように耳から入ってくるようです。手順が複雑で途中から聞けなくなる場合もあると思います。

では、どうすれば良いのか?音が聞けるのか?

音やカウントではなく音楽を聞き取ることです。
楽器をやっていない方に個々の楽器を聞き分けるのはすぐには無理です。
また、ずーっとカウントを心の中で唱えるのも非現実的ですね。
流し聞き&ノリだけでリズムを取るのは最悪です。ノリは音楽をきちんと聴いた後に出てくる物です。

たとえば、楽器が出来なくてもカラオケは唄えますよね。歌詞がちょっと早めに表示されて文字色が変わるのを見ながらリズムに合わせて唄っています。楽器が出来ない人でも。みんな唄い出しなどでも意外とずれません。
何故か?
無意識に唄い出しの直前のフレーズをとらえているんですね。各楽器のパートやフレーズ自体においてメインのメロディに対する導入部分や直後の装飾っぽい部分を「おかず」と言ったりしますが、無意識にその部分を聞いています。導入部分であればスムーズにメインのフレーズに対する準備となっている訳です。曲によってはスムーズというより効果的に置いてる場合もあります。

サルサ(というよりダンス全般)で上記の(1)(2)の人はこれを意識するだけで、ジャストで踏み出せます。1x8の途中でリズムが狂ってもちょっとした「おかず」を意識すればすぐにリカバリ可能です。曲にもよりますが、リズムがとりにくいというのは「おかず」が把握しにくいということが多いのです。小節の頭がわからなくなるからです。
楽器をやってる方にとっては結構基本なお話です。それ以外に注意することもありますが。

自覚症状がある方も、自覚症状はないが相手にちょっと言われた事があったり、踊ってる途中で1,2,3などカウントを言われちゃったりする方は、ぜひ試してみてください。

上記の(3)はまた今度。これは音を平坦に聞かない事が重要です。

a0014306_8141152.jpg

[PR]

by lavida | 2011-10-15 08:15 | ダイアリー

週1回でマスター出来ること

サルサに限らずダンス関係全般は週一でマスターするのはキビシイのではないか?と思いますが、どうでしょうか。

復習というか思い出すだけでもやらないと、1週間後は思い出すか現状維持という事に。
たくさんレッスンを受けなくとも踊りに行ったりすると良いんじゃないかな?

良く俺は週一回の練習で自転車乗れる人はいないと言うんだけど、英会話や楽器も同じだね。


スポーツはもちろん、みんなゴルフが上手くならないのは当然かもね。夜中や早朝に素振りやると違うんじゃないかな。

趣味関係も結構そうかもね。生け花や写真とかは実際に手を動かさなくても他人の作品を見て研究するとか、週一以上やると上達するのでは?

っていうか、ハマるっていう場合、もっと頻繁に関わるようになる。

「好きこそものの上手なれ」ってそういう事だったんだね。
[PR]

by lavida | 2011-10-13 12:52 | ダイアリー

両国ラキアで土曜夜クラス始まります!

来月11/19(土)の夜から、ついに両国ラキアでのレッスンがスタートです。
内容は変更するかも知れませんが、基本的に構成は踏襲する予定です。
18:30-19:30  キューバンルエダ(中級)入場料+\1000
20:00-21:00  サルサスエルタ(初級 &ペア)入場料+\1000
21:00-     パーティー (軽食&飲物付)      
※ ラキア料金HP参照:http://home.bstar.jp/~akira325/ 

どっちもオールレベルにします。ちなみに21時からのは軽食ではありません。結構普通に食べられるし、美味しい。次回行くときはごはん食べないで、おなかすかせて行きます。
時間帯や料金システムは現在のラキア土曜夜とかわりません。

キューバ人アルマンドの代行として約3ヶ月間の期間限定です。
a0014306_1033351.jpg目が肥えている自分から見ても彼は今日本にいるキューバ人の中でもかなりプロフェッショナルなダンサーです。数あるキューバ人/日本人インストラクターの中から自分を選んでいただき光栄に思っています。

土曜日は、現在のレッスン内容や生徒さんレベルの状況を確認するために、稲毛のレッスン後に両国に行ってきました。
例えば六本木でもどこでも早い時間にサルサバーに行くとクラブレッスンが終わっていなくてチラ見させていただく事はあります。実は...自分が自信過剰な事もあり、基本的には「あ〜なるほどね〜」くらいの感想であまりパクりたいとか持ち帰りたいということもないのです。けなす訳ではなく同じ悩みがあるね、とか日本人にそれは伝わらないよ、とかそういう点で参考になる事が少ないのです。

ところが、土曜のアルマンドレッスンはもう目から鱗でした。というか自分が初めて習ったときの事をスゴく思い出しました。

a0014306_1073543.jpg

自分の師匠であるタンヒンフォンマトスはキューバで弱冠21歳でありながらプロフェッショナルダンサーに教えるという立場の人でした。
レッスンの構成や体の動かさせ方生徒への目配り等、同質の物でした。
そうだった!自分の中ではPlan-Do-Check-Actionで常にクラスの課題を解決するよう心がけているのですが、その中でキューバ系サルサの本質が削ぎ落されている事もあったのです。テクニックというよりはこのブログのタイトルにもなっている
Alma=Soul=魂
Espiritu=Spirit=精神
という点です。
その結果、
Cuerpo=Body=身体
の動きに反映して行く。のがやはり自然です。
あとは、基本ノンストップ。止まっている時間があまりない。とか。
レベルも基本出来ている人に合わせます。出来ていない人はちょっとケアして自分で気づいてもらうか横でアシスタントと別指導。
この辺、新小岩も稲毛も次回のレッスンからパクらせてもらいます。
これをやると疲れるよ〜。
そういえば恵比寿で始めたばかりのタンヒンのレッスンは終わった後、みんなぐったりしてたかも。
一時間なら平気かな。稲毛は休憩入れるから大丈夫だな。

インストラクターというよりは芸術家(に対するインストラクター)であるという点も同じで面白かった。
僕の師匠のタンヒンも「いま、もっと生まれる感じ!」??とかよくわからなかった(笑)けど、アルマンドも「この時、手も踊らせて〜!」とか初心者には誤解されそうなアドバイス(笑)。ちょっと前にNHKでやっていた、スーパーピアノレッスンやスーパーバレエレッスンもそんなアドバイスでした。もう少しテンポを速くとか強くとか言わないんだよね。

実は10年以上前にタンヒンにピラミッドの図形を元に教えるためのセオリとか教わったときがあったんだけど、当時は良くわからなかった。良くある階層構造のブロック図みたいなやつ。今なら理解できるかもしれない。古い手帳とか探してみようかな。
[PR]

by lavida | 2011-10-10 10:16 | ダイアリー

先週のNoche Latina@コルトレーン(サルサナイト)

遅くなってすいません!

先週10/1は毎月第1土曜恒例の稲毛サルサナイト=Noche Latina@稲毛コルトレーンでした。
最近ホットな茂原のサルササークルや鎌ヶ谷などちょっと遠いところからも集まってきてくれました!

盛り上げていただきありがとうございました。

このイベントは最近さらにお客さんの質が高くなってきた印象があります。
ダンスのレベルではなくて知らないお客さん同士のコミュニケーションやマナーという点で。
ちなみにダンスのレベルも平均的にはかなり高いと思います。
土曜の六本木に行ったら、もっと踊れない人がいっぱいですよ。その辺のバランスも絶妙だと思います。
あとは上手な人の初心者に対するケアが素晴らしい。決して教え魔ということではなくリードでケアしてあげているという意味です。
a0014306_2315059.jpg

盛り上がりました。


a0014306_23153832.jpg
いつも、ありがとうございます!奥様は今月末の新小岩アフロイベントでベリーダンスのパフォーマンスを予定しています。この顔の大きさの違いは!?(笑)

a0014306_23163291.jpg

踊ってます!

a0014306_2317466.jpg

踊ってます!!!

a0014306_23173025.jpg

遠いところありがとうございました。
これから毎回来るように!

a0014306_23183777.jpg


茂原のサルササークル主催している相馬さん。

10/27木曜日に茂原のキーウェストでハロウィンサルサパーティがあります!



もうちょっと小さい写真にすれば良かった?

今後ともよろしくお願いしますね。
[PR]

by lavida | 2011-10-09 23:28 | ダイアリー

スタイル

自分のクラスでは基本的にはキューバ系をベースにしたスタイルで教えている。

スタイルの話になるとやはり相違点と共通点を切り分けて行くと面白い。
「良い/悪い」ではなく、「同じ/違う」という考え方。

こないだはキューバ系の中でも教え方が大きく二つに分かれるという話。
仮にA,Bとする。
(教え方ではなく踊り方にも大きく2つに分かれると思うがそれはまた別の機会に。)

Aはとにかく技を中心に教える。基礎が出来ないと技もできないんだけど、その技に必要な基礎だけをステップとして教える。もちろんそのステップは他にも転用可能だけれど。でも、ステップとしてはかなり多くの事を覚える必要がある。クラスの運営としては賢いやり方ではある。かなり多くの事をずっと習い続けなければならない。ただしどの程度身に付くかは生徒さんのキャパシティと理解力による。出来なくても忘れてしまっても次回はもう次の技だ。出来る人には面白い。が、実は踊るのにそんなに多くの技は不要である。
そして、形だけ出来るがリズムに乗れていない、体重やムーブメントが出来ていないため手踊りになってしまい、飽きるスピードも速いという人が大量生産される。手踊りのパターンを覚える達成感がメイン。

Bはとにかく基礎というか体の動かし方の基本を重点的に教える。ただし、そういう基礎ほど難しい物はない。
以前、牧阿佐美 バレエ団の方々にサルサの振付け/プライベートクラスをしていたときに雑談で聞いたのだが、王子様やお姫様をやるレベルの人たちでも子供が最初に習うバレエの1番2番3番..と言う構えがまだ完全にはできないと言っていた。草刈民代のパートナーをやっていたような人たちでさえ、難しいというのだ。
サルサの場合それを、生涯続ける訳でもない人たちに厳しく教えて先に進めないということになる。そして耐えきれずやめていくひともチラホラ。ついて行けた人は複雑な技は知らないが、見ればすぐ出来るくらいのスキルが身に付いている。

さてどちらが良いのだろうか?わざと極端に書いたので実際にはAからBのどちらか寄りということになるのだろうけど。
自分はA:B=2:8くらいでやりたいと思っているのだけれど...

たぶん、LA、NYみんな同じようなジレンマがあるんだろうな。
[PR]

by lavida | 2011-10-08 12:53 | ダイアリー

マナー・ルール・ガイドライン

稲毛のクラスは昔から何故か外国人が多く、最近はイギリス人が多い。
で、ちょっとした説明の時にルールとかガイドラインとかマナーとかTips(って日本語で何?iMobってゲームのChatで覚えたw)とか良く言う。「This is not a Rule, Just Only Guideline.」ジャックスパロウ船長が言ってた台詞。便利じゃん!と思って。うろ覚えだし定冠詞とか自信ないけどw。

で、マナーって言えば最近電車の中で思うのがリュックを後ろに背負ったまま狭い通路を塞いでる人が多い。ゆとりっぽい人以下の年齢に思える。まぁいいんだけど、ちょっとうざい。
あとは、まだ下車してる人が結構いるのに乗り始める人も、ちょっとイタい。これは多分中国系の方かなと思っているのだけれど。(差別じゃなくて並ばないとかそういう習慣の違いとして。あ、信号守らない人も結構外国人の確率が高いと思う。これも習慣。)

俺は実は電車で基本的にある条件が満たされないと座らないことにしている。
(1)同じ車両の全ての年寄が座っている
(2)同じ車両のすべての女性が座っている
この2つが満たされないと自分の前が空いても座らない。そうすると周りの人もちょっと遠慮?してなかなか座らないうちにちょっと離れた年寄りとかが座れる事が多い。
元気な時は当たり前なんだけど、超疲れてる時にそれをやってると「俺ってさすがだな〜」みたいな自己満足感がハンパないです(笑)
やっぱやせ我慢って日本男子の特権じゃね?とか思っちゃう。
男は「あ〜疲れた〜〜〜!」とか「暑い〜」とか「痛〜い」とか「辛〜い」とかはなるべく言ったらダメ。
そういう罰金ゲームは高校くらいから良くやってた。そういえば、我慢大会とか最近耳にしないな。
でも、スーパー銭湯やスポーツクラブのサウナでは「あいつより先には絶対出ない」みたいなプチ我慢大会は日常的に勃発してるのであった

でも、疲れた〜はホントに言わない方が良い。自分のその言葉を耳で聞いてさらに暗示にかかってしまう。疲れ倍増!!!
「カラ元気も元気のうち」ってのは本当。まだまだ大丈夫とか人に返したり文章にしているとこれも暗示がかかる。元気にはならないけど、まだちょっとは余力あるのかな〜みたいな気がしてくるから不思議。お試しアレ。
気をつけないと暗示効果高い人はリミッター壊れて後で疲れが出るかも。
この方法はガイドラインw

PS:ちなみに定義はこんな感じか?辞書とか見ないで勝手に書いてます
マナー:礼儀だから守らなくてもOK。守れば自分や社会にいろんなメリット有り。逆に守らないとデメリットも。
ルール:理由はともかく理不尽でも守らないといけない。校則とかやだったな。
ガイドライン:指針だから、守らなくてもいいけど、なるべく守ってねという感じ。この場合「強制でない=同期付け要」ということが言えると思う。
Tips:一口(便利)メモ。ちがう?>英語得意な人
[PR]

by lavida | 2011-10-01 11:16 | ダイアリー