情報量という考え方

そうそう。どうすればより正確にコピーできるのか?
人によって違うと思うが、私の場合という視点であり一般論ではない。

ダンスの場合、よく、「同じ事をやってるんだけど同じように見えない」ということが多々ある。
雰囲気が違うからとか、キューバ人だからとか全く関係ない。同じステップを踏んでるのに同じにならないのは雰囲気とかオーラを原因にしたくなるが、どこかが違うからに決まっている。まぁ、外見というかスタイルもあるが、それは置いといて。じゃぁ、良いスタイルになって顔を黒く塗れば、同じように踊れるか?答えはNoだ。

さてどこが違うのか?
答えはケースバイケースなので書ききれないが、簡単に言うとコピーし切れていないのだ。
骨の数や筋肉(筋)のつき方、関節の数に至るまで、すべての人は同じなのだから同じようにできるはずである。アクロバティックな場合や熟練したバランスが要求される場合はのぞき、あくまで普通のダンスを行う場合。
まず、自分の場合、コピーの基本は重心と関節だと思っている。
リカちゃん人形よりももう少し精巧な人形をイメージして欲しい。なんだっけ?透明で手首くらいまでの関節が動かせる人形が合ったんだけどそんな感じ。これこれ!
http://www.takaratomy.co.jp/products/cyboag/
手足の指とかの関節はとりあえず省略して考えるとこの程度の関節を気にすれば十分コピーは出来ると思う。人間は二の腕や太ももの骨の真ん中で曲がったりはしないのだから。
重心がどの程度前後左右に行っていて、各々の関節がどっち向きになっているか?関節の可動域もあるので何万通りもある訳ではない。

この考えを押し進めて行けば、まるっきり同じ動きが出来る訳だが、全体で考えればその情報量はものすごいことになってしまう。もしそうだとすると、ポイントをしぼる必要があるが、普通はそんなにインプットできていないので別にポイントを絞る必要は無い。
圧倒的に情報量が足りていないのが普通だ。

ここで、やっとまた書道の話。
字を記号としてでななく、形として絵のようにコピーしなければいけない。
王羲之と空海では同じ文字でも全く異なった形になっている。
それをコピーする場合には大きく二つのポイントがある。
「紙の中での他の文字や余白とのバランス」と「文字の各パーツ」の形。
これを情報量という言葉に置き換えるとバランスに置ける情報量はサルサではそのままペア間の距離と言える。
また、各パーツの形は止めやハネ=タメやテンションの押し引き、線の太い/細いは重心の移動と言えるかもしれない。

と仮定した場合に、お手本(イントラ。YouTubeやDVDでも良い。)を見た時にどれだけの情報量を読み取るか?
ただ、「縦棒が何本で横棒と斜めがいくつ」という情報量ではその文字は書けるが、絶対に同じ形にならない。
同じ形にするためには
(1)紙のどこから始まって、文字はどのくらいの大きさ、文字間はどのくらい。
(2)各々の文字はどういうパーツで組合わさっているか?止めやハネなどはどのくらいの大きさ、長さ?
(3)途中、かすれているところや超太くしているところはどの部分か?
ということをお手本から読み取れば良い。
ここで、どれだけ多くの情報量を得ることが出来るかにかかっている。
(1)をこだわるだけでも作品としてはかなりいい雰囲気になると思う。

同じようにイントラのやり方を見て、カウント通りの動きを覚えるだけでは、ワザは出来るかもしれないが、それはその文字を覚えたのと同じだ。
できれば、その先生と同じように踊れた方が良いのだから動きだけでなく、相手との距離感や角度、手首、腕、肩の関節を動かす順番などの情報を少しでもインプットすべきだ。

「モノマネ」ではどうだろう?
コピーの情報量という考え方は、ほとんど同じと言える。
学生の時に先生のモノマネが上手だった人は良いダンサーになれるかもしれない。先生歩き方や癖をマネするのがスゴく上手い友人がいた。今考えると、他の人に比べて圧倒的に多い情報量をインプットした結果だったのだろう。

ちなみに良いコピーの裏技がある。たとえば、森進一や谷村新司のマネを覚えようとおもったら、本人ではなくモノマネの人のデフォルメしたやつをマネするのだ。本人を見てマネするのは至難の業だが、モノマネの人をマネするのは比較的簡単だ。これは、すでに特徴を整理した状態で強調しているからだ。どのスタイルでもイントラなど、さりげなく上手い人のまねは難しいが、上級者の大げさにやっている人のマネなら案外易しいのではないか?とも思う。
[PR]

by lavida | 2011-10-30 20:38 | TIPS

コピーの順序

前々回に書道との比較をしたが、今回も当てはめてみます。ただし、今回は手順ではなく、コピーという作業について、掘り下げてみます。装飾HTMLも使ってみるw。
ちなみに高校では書道部部長でした。(笑)
一番上手かったわけではないです...

さて、ダンスでコピーは基本中の基本です。
みんなどうやってコピーしてるかを観察していると、大きく2通り。
(1)「ステップ」という言葉のせいか足の置き場所だけをコピーしようとする人。昔からキューバンに多い。
(2)手の通り道というか手ワザだけに注目している人。LAなどアメリカ系に多いが最近キューバンにも増えてます。(”あやとり”ミタイなのが流行ってから)


どちらも一緒にやって欲しいが、初めての方や初心者には、難しいに決まってます。
どのイントラもまず足運びをやらせて、その土台を作ってから手ワザをのせて行くというやり方だと思う。

それがわかってるといいのだけれど、大多数の人は前半ウォーミングアップくらいに思ってるかも。特に初心者の方。

であれば前半は(1)を重点的にコピーし、レッスンの後半にペアを組んでからは(2)に重点を移して行けば良いと思う。ところが初心者はペアを組んでから足の運びをコピーし始める。手の持ち替えやくぐり抜けを説明している時(上半身の動きを見て欲しい時)に足元(だけ)を見てしまう。

また、後半は(2)というのも程度問題で、前半に練習した足運びのどのタイミングで回り込む等のタイミング合わせ的な部分はチェックする必要がある。ただし、キューバンでは基本的には目的の到達位置が決まれば、そこに行くステップは自動的に決まってしまう。だから、ある程度パターンがわかればペア間の相対的な立ち位置をチェックすれば、ステップ自体を確認する事はほとんどないかもしれない。

LA(初心者というよりも中級?)の方&複雑なワザをやりたがるキューバンの初心者は足運びを完全に無視して手ワザだけに注目している人も多い。実はレッスン上はそれでマスターしたように思える。相手もかけられる技がわかっているから、自分から動いたり最後のつじつま合わせに協力してくれる。ところが実際には使えない。

という感じで、レッスンの前半は下半身、後半は上半身に着目して受講すると良いのではないかと思う。また、前半はレッスンの中で最も重要な時間。ここでわからなかったら後半でリカバリする事はまず不可能だ。また、知っているステップであっても本当にイントラと全く同じに出来ているかを必ずチェックする習慣は大事だと思う。ベーシックが最も難しいのだから。

あ。もう纏まってしまったので、書道の話はまた今度。(笑)
全く同じにコピー(しようと)するためにはどうしたら良いかを書こうと思います。


★☆★☆★☆★☆★☆
サルサ、キューバンダンスのレッスンやってます。
http://lavida.exblog.jp/i2
毎週水曜 20:15~21:30 新小岩アフロビート
毎週土曜 15:30~17:00 稲毛コルトレーン(初回無料体験レッスンあり)
11/19Start 毎週土曜 18:30~19:30 20:00~21:00 両国ラキア
★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]

by lavida | 2011-10-29 11:26 | TIPS

サルサと英会話

どちらも週一回ではなかなか身に付かないという話は前にしたので、今回は手法/アプローチについて。別に英語でなくスペイン語でも良いけど、とにかく語学との摺り合わせで考察してみます。

たとえば次のように当てはめてみます。
(1)単語を覚える:技やステップをおぼえる
(2)文法を覚える:重心やテンションなどの原則
(3)とにかく会話:レッスンよりもサルサバーや公民館だけで。
(4)バリエーションとして映画や音楽で語学を覚えるというのは:YouTubeを見まくるというところでしょうか?
※現地に行けばとにかくしゃべれるようになるというのはナシ。言葉がしゃべれないとかなり困るけど、サルサが踊れなくても(命に関わるほど)困らないから。

さて、どの方法が最も近道なんでしょうか?語学もサルサも同じような気がします。
(1)単語を覚える:技やステップをおぼえる
とにかく単語を覚えるのってどうなんでしょうか。知ってるとかっこいいけど、簡単な単語でも十分成立する場合もある。難易度の高い単語使うよりも話の中身が高度な方が尊敬されたりします。また、単語をたくさん覚えたからと言って流暢にしゃべれる訳ではない。
これって、そのままサルサに当てはると思う。難しい技をぎこちなくかけるよりも楽しく踊れたかの方が大事。

(2)文法を覚える:重心やテンションなどの原則
それでは、文法を完璧にしたらしゃべれる(踊れる)のでしょうか?
はいしゃべれ(踊れ)ます。ですが残念ながら、ある程度の単語や慣用句は知らないと表現したい事にたどり着きません。でも必要な言葉から順に覚えて行く事でしょう。同様にある程度の技が
ないとベーシックだけになってしまいますが、ターン(ブエルタ)とクロスボディリード(ディレケノ)とエンチュンフラぐらいできれば右手左手で2倍、両手の順手とクロスでさらに2倍増えますのでかなり遊べます。

(3)いやいや、赤ん坊って自然に覚えるとか言って、シャワーのように聞くだけで本当に大人が語学を習得できるのでしょうか?まれに全くレッスンに行った事がないが踊れるという人にスダーダの深夜に遭遇しましたが(ただし女の子のみ。男性は皆無でした。)、出来ているつもりで結構微妙です。まぁ、男性は相手の女の子が出来そうな事しか仕掛けませんからね。
でも、意外とディレケノとターンは完成度高かったりします。

(4)だんだんめんどくさくなってきた...
YouTubeで勉強できるのはある程度基礎ができた後ですよね。映画や音楽で英語を勉強というのも、効果が出るのはある程度基礎が身に付いた後だと思います。

結論:もうわかってると思いますが、どれが一番というのではなく合わせ技ですね。語学もサルサも。
僕はスペイン語は耳から覚えて、あとから文法を習いました。その時のいろいろ解明されて行く感じはとても面白かったです。また、英語は中1では会話を、中2から文法と会話を平行で教わりました。(東京の私立です。)このやり方は非常に理にかなっていると思います。

願わくば、ダンスも最初(1〜2ヶ月)は(1)(3)をたくさんやって、少ししたら(3ヶ月くくらいから)(2)も平行に考えて行くのが良いのではないでしょうか?(1)だけだったり(2)だけでは上達に時間がかかると思います。ただし、ほとんどの先生は1つのレッスンの中で(1)(2)をいっぺんンいやっているはずです。どちらかというと受け手の意識の問題です。(1)でも自分が基本のステップにこだわって受講すれば、その先生からきちんとしたベーシックを学び取れるはずです。
ある程度経験を積んだら(1)〜(4)を平行にやるのが良いと思います。毎週であれば始めて半年くらい。
個人的には(1)は最も優先度が低いと思います。また、やめて行く人も(1)重視の人に多いのでは。
上記の(1)に書いたように楽しく踊れる(踊らせられる)技術を身につけられると良いね。

★☆★☆★☆★☆★☆
サルサ、キューバンダンスのレッスンやってます。
http://lavida.exblog.jp/i2
毎週水曜 20:15~21:30 新小岩アフロビート
毎週土曜 15:30~17:00 稲毛コルトレーン(初回無料体験レッスンあり)
11/19Start 毎週土曜 18:30~19:30 20:00~21:00 両国ラキア
★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]

by lavida | 2011-10-25 23:19 | TIPS

正しいレッスンの受け方

ペアのレッスンでインストラクターを見るという事について書いてみたい。

昨日のレッスンでは指摘しなかったんだけど、ペアのときに先生を見ながら踊る生徒さんがいる。これが踊れない生徒さんに結構多い。
また、お手本というか手順の説明のときに見ていてない生徒さんもいて、実は前述と同じ人だったりする。
つまり、見ておくべきときに見ていないで、見てはいけない時に見ているという事だ。
たとえば、書道(ペン習字)でも良いが、手順をおさらいしてみよう。
簡単に言うと、
(1)見やすい位置にお手本を置く。普通は左だね。
(2)最初にお手本を眺め書き順の通りに入りとかはらいとか止めとかをチェック。
(3)自分の紙を見て書き出し位置が違ってないかチェックしてスタート。
(4)自分の筆がいいかんじで進んでいるかチェック。筆が紙と接している間はもうお手本は見ない。コンマ何秒かのチラ見はオッケーw

これを置き換えてみると...
(1)イントラが見やすい位置に移動
(2)イントラがやっている手順をチェック。主にタイミング毎に足のステップ、手の通り道をチェック。こう書くと難しそうだけど、最初の右左右〜で手が上で回り込んで〜とか普段やってる感じでいいです。ここでは順番の話をしています。
(3)自分の相手を見てスタート。
(4)自分と相手がいい感じで進んでいるかチェック。ここではもうイントラは見ない。コンマ何秒かのチラ見はオッケーw

書道でもサルサでも、できれば(2)の時に頭の中でシミュレーションできるといいね。
実際にやってみてはダメ。見れなくなるから。

で、ダメな場合は上記ができていない。めんどくさいから上段書道で下段サルサね。
(書1)お手本の位置は気にしない。
(サ1)先生を見ているがなんとなく。もしくは見ていない。というかおしゃべりしたり...
(書2)何となく字を見て理解。(字の形ではなく意味を理解した自分の解釈)
(サ2)何となくわかったような。もしくはやった事ある技は自分の理解で。
(書3)お手本を見ながら書き始める。
(サ3)先生を見ながらペアを始める。相手を見ていない。
(書4)お手本を見たまま書き進めて、紙を見ていないから、はみ出したり大きすぎたり小さすぎたり。
(サ4)そのまま先生を見続けているから相手との距離感や位置関係がめちゃくちゃに。手が関節技になったり、足がぶつかったり。そもそも動きながらだから先生とのスピードも合わずにコピーは出来ない。

とまぁ、これは極端な例だが、出来ている人にも改善の余地はある。
上記の(1)(2)は本当に出来ているだろうか?
(1)であれば自分が相手と組んだその場所でみていないか?見えやすい位置であれば良いが、そうでなければ移動すべき。
(2)では手順のチェックの際におすすめなのは
男性なら:組んだつもりで手を空中に動かす等の素振り系シミュレーション。
女性なら:相手からどういうリードが来るか?押されるのか引っ張られるのかのシミュレーション。例えば足を下げるのではなく押されるから足を下げるという想像力。
クロスボディリードのバックステップは真後ろか斜めか、その時の男性との位置はサイドで同じ位置か向かい合っているか?などの位置関係把握。

そうそう、イントラを見ながら踊ってはいけないと言ったが、そうでなくてもペアの相手を見ていないと重心や動かす方向がぶれる。もちろんイントラを見ていれば重心が傾きそっちに動いて行く。また斜め上空中を見ている初心者も多い。
高速で事故車を見てると自然にハンドルがそっちに切られるように、人間は目線の方向に動いてしまう。基本的には相手の額/あご/のど/ネクタイなど中心線のどこかを見ているのがベスト。応用はいろいろあるが。
ちなみに足下と天井はNG。三半規管の構造上目が回る。バラエティ番組で出川哲朗などが良くやる「ぐるぐるバット」をやっているのと同じだ。
[PR]

by lavida | 2011-10-23 09:11 | TIPS

反復練習とは

う〜ん。
これは、自分の中でも課題。
反復練習はどんなジャンルでも絶対必要なことだ。

それはバットや竹刀やクラブの素振りだったり、計算や漢字のドリルだったり、ペン習字だったりするのだが、当然ダンス関係でも必要不可欠なものだ。

ただし、効果のある反復練習とない場合とあるのはどういうわけだろう。
同じ時間をかけても効果がある人とない人がいる。
やらないのは問題外だが、レッスンの中でも反復しながら、少しずつ良くなる人と全くかわらない人がいる。

う〜ん、もう少し掘り下げなければ....

自分で課題(といったら言い過ぎか?)というか上手くいかない部分を提起できるか?無意識に繰り返してしまうかの違いだろうか?

盗もうというくらいの姿勢でイントラを注視しながらステップを踏むか、知っているステップだと思ってウォーミングアップくらいに思っているかの違いだろうか?

人によって目から入ってくる情報量や体の可動範囲は異なるが、身につけようと言う姿勢や心がけはまた別の物なのだろうか?

悩みはつきない。やっぱ来ている人みんなにもっともっと上手になって欲しいよね〜。

★☆★☆★☆★☆★☆
サルサ、キューバンダンスのレッスンやってます。
http://lavida.exblog.jp/i2
毎週水曜 20:15~21:30 新小岩アフロビート
毎週土曜 15:30~17:00 稲毛コルトレーン(初回無料体験レッスンあり)
11/19Start 毎週土曜 18:30〜19:30 20:00〜21:00 両国ラキア
★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]

by lavida | 2011-10-20 00:53 | TIPS

黒人系、白人系、黄色人種系の踊りの違い

本来はアフリカ系とかアングロサクソン系というべきなんだろうけど、まどろっこしいので黒人系、白人系と言います。他意はありません。

確か山岸凉子のアラベスクだったと思う。対照的な黒人と白人のバレエダンサーが出てきた。
白人系の方は切れのあるシャープな動きが持ち味。
黒人系の方は柔軟でしなやか/柔らかいな動きが持ち味。
これを読んでなるほどなぁと思っていたのだが、いろいろ見るたびにこれを裏付ける結果となって読んだ当初よりも今の方が納得しているくらいだ。まぁ、ステレオタイプではあるんだけど。
例えば、ブレイクダンスという映画では黒人チームと白人チームがどちらもヒップホップ全般を踊るんだけど、やはり白人系はシャープで黒人系は柔らかい。
バレエでも、サルサでも、ジャズダンスでも当てはまる気がする。
カウントの取り方自体違うのではないだろうか?
白人系はカウントのタイミングを点でとらえる事が多いように思う。
踊りもそのカウントの時の手足の到達点が最重要となる。極端に言えばカウントに合わせて目に見えないほど早くそのポーズに持って行ければベストみたいなこともあり得る。
これに対し、黒人系はカウントが始まってから次の拍までを線でとらえるイメージに思える。
到達点よりは手や足がどの経路を通るか?
手を動かすときにA地点からB地点までを直線で結んではいけないことも多い。

重心の高い低いも関係している。高ければ素早く動けるし、低ければ丁寧な予備動作が必要だ。
ちなみに「アフリカなどの暑い国では作物の恵みをもたらす地面に敬意を抱くため、地面に近い踊りとなり、北欧など太陽を欲する国ではより空に向かった踊りとなる。」という説があるんだそうだ。

僕は黄色人種の動きや発想は黒人に近いと思う。ただ、黒人ほど手のひらや足が比率的に大きくないために柔らかい動きになりにくいのだ。アフリカンっぽい動きが出来ないと思っている人は、ためしに重たい灰皿や軽めのダンベルを手に持っておどって見て欲しい。とたんにアフリカっぽい動きになる。

★☆★☆★☆★☆★☆
サルサ、キューバンダンスのレッスンやってます。
http://lavida.exblog.jp/i2
毎週水曜 20:15~21:30 新小岩アフロビート
毎週土曜 15:30~17:00 稲毛コルトレーン(初回無料体験レッスンあり)
11/19Start 毎週土曜 18:30〜19:30 20:00〜21:00 両国ラキア
★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]

by lavida | 2011-10-17 22:51 | ダイアリー

リズム感の磨き方 - その2

先日書いたリズム音痴の定義は以下の通り。(あくまで個人的な考えです)
(1)カウント自体が取れない、
(2)1x8毎にずれる、
(3)1x8の中でずれる(カウントの1は合ってるが2や3でずれる場合)

上記(1)(2)は音楽、特に「おかず」を聞く事で自然と修正できるということでした。

(3)の場合は「音を平坦に聞かない事が重要」という予告をしました。
平坦とは?
みんなカウントで表現した場合の123X567Xをすべて同じように踏んでいますか?
Xは休む時なので今は関係ないです。

CubanでTiempo(On1)の場合は、3と7にアクセントがあります。
(ちなみにSonなどのContra Tiempo(On2?)の場合は4と8)
ステップの3と7を1256よりも強く踏んでみて下さい。足音が最も大きくなるように。

話がそれますが、英語でもスペイン語でもアクセントのある音節は音を伸ばして発音する傾向があります。例えば、Oleのアクセントは「オ」ではなく「レ」ですが、フラメンコとかカルメンとか「オ・レ〜」と言ってますよね。「オ〜レ」とはなりません。強く発音した直後にすぐ音を消し去るのは不自然であり、結果、強い発音は伸びた音になるのです。

話を戻します。ステップでもこれと全く同じ事が言えます。
強く踏んだ足はすぐに戻せなくなります。また弱く踏んだ足はすぐに動かせます。
そして3のステップはすぐに動かすべきではないのです。が、タメ(カウント4の休み)を作ることが出来ずにすぐ動いてしまう結果、次の小節の頭もずれてきてしまうのです。
声でカウントを唱えてタメを作る事に慣れるのでも良いのですが、3と7のステップを強く踏む事で簡単にタメを作ることが出来ます。
また、3と7を強く踏んで伸ばす事は、実はよりSonに近いスタイルと言えます。
これで一気に、キューバ人ダンサーのようなステップに近づきます。
可能であれば3と7はコンマ数秒早く着地し1と5はコンマ数秒遅く持って行く事を勧めます。これで3〜5のタメと7〜1のタメがより長くなるからです。
特に別ジャンルのダンスから来た方は3と7をそっと遅れ気味に着地する方が多いように感じます。
注意が必要です。早い曲では1と5に間に合わなくなる悪循環となります。これで前述の(1)(2)もできなくなるわけです。

専門外ですが逆にLAやNYの場合、一歩めの1と4にアクセントがある事が多いようです。
10年以上前に見たLAのSalsa Bravaは極端に体が沈み込むぐらい1を重く踏んでいました。ただし、こちらは、キューバンが「タメ」重視なのに対し、LA,NYは「スムーズ」重視となるため3や7のタメを短くする傾向があります。もちろん、スムーズなキューバンもタメのLAもあります。
タメの定義もありますが...。フリーズやストップモーションはタメとは違います。あくまで押されたり引っ張られた事に対するガマンが「タメ」なのです。

キューバンを踊る場合には、前述の(1)(2)が出来るようになったら是非(3)を意識してみて下さい。タメの間に、音楽も聞こえやすくなるはずです。

★☆★☆★☆★☆★☆
レッスン遊びに来て下さいね。詳しくはプロフ参照
http://lavida.exblog.jp/i2
毎週水曜 20:15~21:30 新小岩アフロビート
毎週土曜 15:30~17:00 稲毛コルトレーン(初回無料体験レッスンあり)
11/19Start 毎週土曜 18:30〜19:30 20:00〜21:00 両国ラキア
★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]

by lavida | 2011-10-16 08:35 | TIPS

鋲つきのベルト

a0014306_1156598.jpg

これってジーンズに通すとき引っかかって大変。

最近たまたまベルトを裏返して通した後に、ひっくり返して直したらスゴイ簡単な事を発見!

超らくちんです。
[PR]

by lavida | 2011-10-15 11:56 | ダイアリー

リズム感の磨き方

サルサを踊るにあたってリズム感がキビシいとはどういう事か?
簡単に言うと(1)カウント自体が取れない、(2)1x8毎にずれる、(3)1x8の中でずれる(カウントの1は合ってるが2や3でずれる場合)などがあります。

基本的に楽器を演奏できる人にはリズム感がキビシい人が少ない(皆無ではない)ので、非演奏者と言う前提にします。

(1)や(2)の場合、簡単に言うと音を聞いていないということですが、もう少し詳しく分析します。全く音を聞いてないわけではないのですが、BGMのように耳から入ってくるようです。手順が複雑で途中から聞けなくなる場合もあると思います。

では、どうすれば良いのか?音が聞けるのか?

音やカウントではなく音楽を聞き取ることです。
楽器をやっていない方に個々の楽器を聞き分けるのはすぐには無理です。
また、ずーっとカウントを心の中で唱えるのも非現実的ですね。
流し聞き&ノリだけでリズムを取るのは最悪です。ノリは音楽をきちんと聴いた後に出てくる物です。

たとえば、楽器が出来なくてもカラオケは唄えますよね。歌詞がちょっと早めに表示されて文字色が変わるのを見ながらリズムに合わせて唄っています。楽器が出来ない人でも。みんな唄い出しなどでも意外とずれません。
何故か?
無意識に唄い出しの直前のフレーズをとらえているんですね。各楽器のパートやフレーズ自体においてメインのメロディに対する導入部分や直後の装飾っぽい部分を「おかず」と言ったりしますが、無意識にその部分を聞いています。導入部分であればスムーズにメインのフレーズに対する準備となっている訳です。曲によってはスムーズというより効果的に置いてる場合もあります。

サルサ(というよりダンス全般)で上記の(1)(2)の人はこれを意識するだけで、ジャストで踏み出せます。1x8の途中でリズムが狂ってもちょっとした「おかず」を意識すればすぐにリカバリ可能です。曲にもよりますが、リズムがとりにくいというのは「おかず」が把握しにくいということが多いのです。小節の頭がわからなくなるからです。
楽器をやってる方にとっては結構基本なお話です。それ以外に注意することもありますが。

自覚症状がある方も、自覚症状はないが相手にちょっと言われた事があったり、踊ってる途中で1,2,3などカウントを言われちゃったりする方は、ぜひ試してみてください。

上記の(3)はまた今度。これは音を平坦に聞かない事が重要です。

a0014306_8141152.jpg

[PR]

by lavida | 2011-10-15 08:15 | ダイアリー

週1回でマスター出来ること

サルサに限らずダンス関係全般は週一でマスターするのはキビシイのではないか?と思いますが、どうでしょうか。

復習というか思い出すだけでもやらないと、1週間後は思い出すか現状維持という事に。
たくさんレッスンを受けなくとも踊りに行ったりすると良いんじゃないかな?

良く俺は週一回の練習で自転車乗れる人はいないと言うんだけど、英会話や楽器も同じだね。


スポーツはもちろん、みんなゴルフが上手くならないのは当然かもね。夜中や早朝に素振りやると違うんじゃないかな。

趣味関係も結構そうかもね。生け花や写真とかは実際に手を動かさなくても他人の作品を見て研究するとか、週一以上やると上達するのでは?

っていうか、ハマるっていう場合、もっと頻繁に関わるようになる。

「好きこそものの上手なれ」ってそういう事だったんだね。
[PR]

by lavida | 2011-10-13 12:52 | ダイアリー