リズムをとるということ

前にも書いたかもしれないけど、昔ペッカーさんのドラムサークルにお呼ばれした際に聞いた衝撃の一言。一定の間隔で音を叩かせた後に一拍休む。ここでリズムが生まれました!だって。なるほど!!
休んでいるところはケースバイケースで、もう一拍脳内で鳴らしている事もあれば、前の拍が伸びて次の拍まで鳴っている事もある。
抽象的でわかりにくいかも知れないけど、例えばクイーンのWe will rock youを思い浮かべると「ドン(足)・ドン(足)・タ!(CLAP)・休み」の休みの部分があるから、カッコいいリズムになってるってことです。
ダンスも同じ、オン1やティエンポであれば3拍目でしっかり休み(ため)ましょう!!伸ばして(ためて)も良いし、プンタ(ポイント、タップ)でもう一拍ちょんってやっても良いです。(ほんとはケースバイケースw)
ためないと、踊りにならないんです。ただの動きになっちゃう。クイーン聞いてみて!!w

[PR]

by lavida | 2014-05-17 11:13 | TIPS