究極の選択

実は、小学校のときから北杜夫の大ファンだった。ドクトルまんぼうから始まって、さびしい王様シリーズや南米移民の「輝ける碧き空の下で」など一時期はかなり読んでいた。
先日亡くなったが、たしかその方の書いた本だったと思う。俺のおぼろげな記憶では次の通り。細かいところは創作です...
ある国のスパイが2人で会話している。
A「お前はどっち派?」
B「なにが?」
A「銃とか弾丸とかって、ジェームスボンドは全部自分専用なのを使ってるんだぜ。」
B「でも、学校ではどこでも調達できる弾丸や部品が使える銃にしろって教わったぜ」

さて、どちらが良いのだろう?みたいな会話だった。
・予備が切れたり故障しても補充や部品の調達が簡単
・自分専用に限りなくチューニングされているが補充や修理は困難

同じように両極端だが、どちらとも言い切れないことがいろいろある。
たとえば、サルサを踊るときにA.ヒール付きダンスシューズB.ジャズスニーカー。
どちらが良いとは言い切れない。
基本的にはターンを多用するLAやNYスタイルにはA。
グリップやタメ重視のCubanにはB。
というのが定説だが、最近はそうとも言い切れないと思っている。
ターンを多用する場合でも本来はヒールに頼らずジャズスニーカーで練習し本番ではヒールを履くという手もあるし、キューバンでもベタ足に見えて爪先よりに重心があることを理解するためにヒール付きで踊るうちに自然に身に付く場合もあると思う。

結論としては、どちらが優れているとか、どちらが良いというのでなく、使い道や運用方法や目的に合ったものが良いもの。ただし、本人が意識していなくても結果的に良い方向に行く場合も多い。怪我の功名?ちょっと違うか。

そうそう、浴衣の時に雪駄や下駄で踊ってもらったら、みんなきれいに爪先重心というか親指付けね重心になって、いつもより上手に踊れていたのでビックリした。本人たちに自覚無しw

たとえば、A.有名先生のいるマンモス予備校とB.個人指導の小規模経営塾。
これもどちらが良いというよりは、目的によって選ぶべき。

A.超スーパーコンピュータとB.高性能モバイルPC。
これは使い道によって選ぶべき。超スーパコンピュータでツィッターしても...

話をサルサに戻すと、A.自分にしか出来ない動き B.超オーソドックスな基本の動き
さてどちらが良いのだろうか?
最終的には、基本の動きを自分にしか出来ないような完成度でやりたいと思うが、それだけやってる訳にはいかない。

★☆★☆★☆★☆★☆
サルサ、キューバンダンスのレッスンやってます。
http://lavida.exblog.jp/i2
毎週水曜 20:15~21:30 新小岩アフロビート
毎週土曜 15:30~17:00 稲毛コルトレーン(初回無料体験レッスンあり)
11/19Start 毎週土曜 18:30~19:30 20:00~21:00 両国ラキア
★☆★☆★☆★☆★☆
[PR]

by lavida | 2011-11-03 22:47 | TIPS