すぐに!

すぐに!踊れるようになりたい!!と言う気持ち。大事だと思います。
確かに基礎は大事だし、その上にいろいろ積み重ねて行かないと踊れるようにはならないのですが…

ライオンに襲われそうになっている時に、強くなるまで待ってくれと言ったらライオンは待ってくれるだろうか?
と言うセリフがどこかにありましたが、今すぐ強くなる、もしくは今のスキルでどこまで戦えるか?というのも重要な事だと思います。
12色の絵の具でも36色の絵の具を使った作品よりも素晴らしい絵を描く事は出来ます。

例えば、男性の場合、ブエルタ(ライトターン)、ディレケノ(クロスボディリード)、エンチュンフラ(後ろ回り込み)ともう一つぐらいで十分に楽しむ(楽しませる)事が出来ます!
それには同じワザでも持ち手を替え、テンションの重さを変え、勢いや距離感を変える事で曲にあわせた変化をつければ、かなりイケます。
女性からすれば何種類も怪しい(ちょっとキビシい)わざをかけてくる男性よりもよっぽど楽しいと思ってくれる事でしょう。
そうして、とりあえずは即戦力となる簡単なワザをいろんなバリエーションで踊っていることで、基礎は磨かれ新しいワザを覚えた時にも応用が利くのです。
逆説的ですが基礎を延々とやるのも良いですが、いまいち出来ないワザではなく出来るワザに対してバリエーションを探したりしながら遊ぶ事で逆に基礎が充実して行くこともあります。
[PR]

by lavida | 2012-03-20 10:19 | TIPS