ステップのバリエーションと基本とコツと

ちょっと複雑なワザになると結構つまづく生徒さんも。
男性は基本的にはリードの押し引きや回り込みを含めた手順を覚えれば良いのだが、女性は違うと思う。前にも言ったが運動神経ではなく反射神経。レスポンスする脳と筋肉が必要なのだ。決してワザの導入から終わりまで、順番に手順を覚える脳ではない。
僕は基本が出来ていればどんな場合にも対応できると思っている。
先生によってはステップのバリエーションとして教える人もいる。これでは無限にバリエーションが出来てしまう。先生としてはコンテンツが無限にあるわけでなかなか儲かるとは思うのだが、他のワザへの応用は利きにくい。
基本はいくつかあるのだが、頻出しない基本パターンも中にはある。教える優先度は当然下がる。
でも他の基本パターンが出来ていれば、新しい基本パターンをひとつ覚えるだけで対応できる範囲はさらに広がる。
また、正常なバランスやタメがわかっていれば自分である程度修正しながら覚える事も可能だ。

水曜日のクラスでやった時には、出来ていなかった人が土曜日のクラスでは見事に対処できているのはビックリした。やはり以前教えていた基本が出来ているからだろう。
ここでいう基本はステップ以外の事をさす。
女性役の基本として、パートナーと向かい合うことや相手の邪魔をしない、アシストをする、リードに合わせて「自分で」動く、カウントの3と7ではきちんとタメる、と言った普通の事だ。簡単なようでいて出来ている人は少ない。
[PR]

by lavida | 2013-05-13 23:37 | TIPS